ライフプランシミュレーション作ります!(家の学び舎ショップ開店)

団信って知ってる?【もしもの時に住宅ローンが0円になる!】詳しい制度を解説!FP監修

先回まで、公的制度(公的保障)民間保険に入りすぎな件を解説してきました。

知っておきたい公的制度7選【〇百万得する!?】FP監修 保険に入りすぎな件【まずは団信と公的保険をチェックしよう!】FP監修

今回は、いよいよ団信の制度について解説していきたいと思います。

知ってそうで知らない! たしか、残高が0円になるのよね?

ぽちざいふ

とよくま

基礎からガッチリ知っていきましょう!

団信はコスパとしては最強の生命保険

とよくま

まず団信は、コスパの面では最強の生命保険です!
え? その心は?

ぽちざいふ

基本の団信は、無料だからです。

でも、そうは言ってもお高いんでしょう?

ぽちざいふ

とよくま

今の超低金利を見て、コミコミだと思う?

無料で付いて、もしもの時には住宅ローンが0円になる。

ある意味ではコスパという言葉がつかえないほど、オトクな生命保険だと思います。

団信は住宅ローンに付帯される生命保険

おー!じゃあ、団信入る!

ぽちざいふ

とよくま

団信は住宅ローンにセットされる生命保険なので、団信だけは入れないよ!

正式名称は、団体信用生命保険といいます。

名前からも生命保険という事がわかりますね。

何となく付帯、付属すると聞くと、クレジットカードの保険などのイメージがありますが、まったく違う性質と考えていいと思います。

団信は無料で付いてくる

とよくま

団信は原則無料で付いてきます!

ただし、フラット35は団信を外すことで金利が安くなります。

一般的な金融機関の住宅ローンは、団信の加入が義務となります。

つまり、健康に問題があると住宅ローンを借りることができません。

健康に問題がある必要の団信は有料

では、健康に問題があると住宅ローンが借りれないかというと、ちゃんと方法はあります。

ただし、有料になります。

ざっくりですが、+0.3%ぐらいの金利で、ワイド団信というサービスがあります。

基本的に住宅ローンは団信の加入が義務なので、オプションではありますが必須加入となります。

とよくま

健康ってマジ大事だよ!!!
寝る前のアイスとお酒はガマンしよう!(汗)

ぽちざいふ

住宅は贅沢品で負債?団信の観点から考える

情報発信は、その人それぞれの考えがあってしかるべきだと思います。

ただ、団信の観点から考えても、住宅は贅沢品で負債でしょうか。

逆に賃貸だった場合を想定してみましょう。

賃貸でもしものことがあった時は、これから先も住居費を支払い続けることになります。

一方で団信がある持ち家は、その場で0円になります。

とよくま

しかも無料!

たしかに、何事もなく数十年たてば建物の評価は0以下のマイナスで、負債じゃないか! と言えば、不動産価値の観点ではその通りです。

ですが、ライフプランの観点から考えると少し違います。

購入時から教育費がピークでかかり、子どもが巣立つまでの住居費に対して、無料で0円になる保険が掛けられている。

団信の有無で、ライフプラン全体のお金の流れは大きく変わってきます。

もしもの時のお金の流れが、大きく変わるってこと?

ぽちざいふ

とよくま

そのとーり!

つまり結果論(不動産価値)ではなく、(住宅購入時現在からの)見えない未来に対しての安心材料として、とても優秀なのです。

もしもの時ってどんな時?高度障害状態とは

高度障害状態って、障害という文字があるから命はある状況なの?

ぽちざいふ

とよくま

もちろん、生きている状態です!

もう少し、わかりやすく考えてみましょう。

団信の仕組みと高度障害状態をわかりやすく考える

とよくま

高度障害状態をわかりやすく言うと、以下のような状態です!

団信の仕組みは、住宅ローンを借りている金融機関を介して、保険会社が実際には受け持っています。

基本の団信の保険料は金融機関が負担していますが、オプションの保険料は契約者が負担しています。

団信は生命保険の一部として考える

住宅そのものは、お金(資産)の面だけで考えれば負債かもしれません。

ですが、住宅ローン控除と団信という特典を考えると、財産の側面だけでは測れない部分があるかと思われます。

住宅ローン控除も団信も、目に見えにくい特典ですが、しっかりとその内容を把握するととても心強い制度だと思います。

資産価値の側面だけではなく、買った時点から老後までのライフプラン、マネープランの観点でも考えると、またその答えは変わると思います。

次回は、オプション団信について解説していきます!