ライフプランシミュレーション作ります!(家の学び舎ショップ開店)

新婚夫婦のためのマイホームとお金の話【FP監修】

とよくま

ここまで住宅ローン大辞典をお読みいただきありがとうございます!
いやー! 長かったけど、とっても勉強になったよ!

ぽちざいふ

住宅ローン大辞典が、ほんの少しでもお役に立てればうれしく思います!

さて、住宅ローン大辞典の最後は、ケース別に重要なポイントをおさらいしていきましょう!

第1回目の今回は新婚のご夫婦向けの、マイホームとお金の話です。

人生100年時代の新婚ご夫婦向けの内容です。

とよくま

それでは、早速本編にいってみましょう!

若く家を建てると早く家を建てるの違い

とよくま

同じようで、実はちょっと違います!

若くしてご結婚された方は、人生100年時代です。

焦って早く家を建てることはありません。

とよくま

その理由は後で語ります!

一方で、晩婚の方は早めに家を買うのがオススメです。

あくまで統計的な話になりますが、健康のリスクは年齢に比例して高くなります。

住宅ローンの審査において健康は、ほぼすべての金融機関がチェックするポイントです。

また、住宅ローンはどんなに遅くと80歳までに返済しなければなりません。

つまり、晩婚の場合は時間との勝負になります。

家は人生で一軒が一番コスパが良い

どれだけ家にお金をかけるかによっても変わってきますが、世間一般的な家であれば、人生で一軒に抑えるのが一番コスパが良いです。

というのも、再建築の場合は建築費だけではなく諸々の手数料や諸費用がかかります。

  • 解体費
  • 仮住まい費
  • 住宅ローンの諸費用

などなど、建築費以外にも数百万のお金が必要となります。

そのためできればですが、1軒に絞ったほうがコスパが良いです。

とよくま

続いて一軒に絞るための方法をお伝えします!

家賃補助を活用して貯金しよう!

とよくま

若いご夫婦であれば、家賃補助の活用がオススメです!

とよくま

ちなみにぼくは、10年も家賃補助に頼ってしまいました!(汗)

会社ごとに手厚さは変わりますが、最大では折半になるはずです。

ぼくのように10年はちょっと使い過ぎかもですが、数年活用して家の頭金を貯めるのは、大いにアリだと思います!

家を買った後のメンテと建材の寿命

もっとも重要なこととして、安い建材を選んでも、高い建材を選んでもトータルコストはほぼ同じです。

サイディングなど外壁が、わかりやすいと思います。

タイル系を選ぶとイニシャルコストは高いですが、ほぼノーメンテでOKです。

一方でサイディングはシーリングの打ち直しや、塗料の塗り替えがあります。

屋根も同じで、瓦は高いですが基本はノーメンテです。

一方でコロニアルは安価ですが、塗り直しや寿命があります。

このように、メンテコストを考慮すると、最終的にかかったお値段はほとんど一緒なのです。

ただ例外として、超激安の建材があります。

とよくま

安かろう悪かろうは避けましょう!

また、外壁で例えるとシーリングは5年、外壁の塗り替えは10年など、期間がバラバラだとそのたびに大きな費用がかかってしまいますケースもあります。

とよくま

足場の費用ですね(汗)

かなり手間ではありますが、大きな買い物ですので、採用するあらゆる建材のメンテコストと時期を把握してから決定しましょう。

もしかしたらですが、そこそこのイニシャルコストをかけたほうが、長い目で見るとオトクかもしれません。

子どもの教育費と家のメンテは重なりやすい

とよくま

めっちゃよくあるケースです!

子どもが大学生=家を建てて15年や20年

なので、ちょうど屋根や外壁、給湯器などのメンテにぶつかりやすいです。

特に屋根と外壁のメンテは金額が大きいです。

一般的な家でも、150万~200万は用意しておきたいところです。

現金のポジションも大事にしよう

近年は空前の投資ブームで、ここ数年は大きな結果を出している方が多いと思います。

そんな近年の相場と結果から、投資をするのは賢い資産形成の方法という空気があるようにも感じます。

しかし、投資はあくまでうまくいけば人生がより豊かになる。

ぐらいがちょうどいいと、ぼくは考えています。

投資の結果次第で、学費やメンテ費用の目標額が達成できるかもしれない。

こうした投資の結果頼みのマネープランは、とてもリスクが高いです。

また人生100年時代、ぼくは副業を推奨していますが、投資だけが副業ではありません

数ある副業の中から、自分に合ったものを選びましょう。

定年後も30年ぐらい時間がある!

とよくま

人生100年時代は、とっても長いです!

第二の人生をどうするか?

は、早い段階で計画しておきましょう!

話し合いは早ければ早いほどいいです。

早いうちから目標に向かって貯金をすることが大事です。

結局のところ人間は、目標を定めて貯金しないと、大きな金額は貯められないのかもしれません。

とよくま

とりあえず貯めておこう! って難しいですよね(汗)

貯金は目的別にってやつですね。

  • 移住
  • リノベ
  • 建て替え

いずれを選んでも、もう1回すまいに大きなお金がかかることは、間違いありません。

2回目のすまいにかかる大きなお金は、あらかじめ計画しておくといいと思います。

何を選ぶかで、かかるお金は大きく変わります。

とよくま

早めに施設に入居するのも一案です!

一度はライフプランを作ろう!

以上が、新婚のご夫婦に知っていただきたいマイホームとお金の大事なポイントです。

このすべての項目をいっぺんに考えられる、向き合えるのがライフプランです。

ライフプランはお金の効率ではなく、あなたの理想の人生を実現させるための設計図です。

一度は作成してみてはいかがでしょうか。

イエマナでは、無料で使えるライフプランシミュレーションを配布していますので、ぜひご利用ください。

できれば結婚してすぐに1回、大きな買い物をする前に1回はシミュレーションをしましょう!

きっとお金の安心と確かな目標が得られるはずです。