ライフプランシミュレーション作ります!(家の学び舎ショップ開店)

住宅ローンとは【仕組みと基礎の基礎】

とよくま

今回は、住宅ローンの一番基礎にあたる部分を解説していきたいと思います!
言われてみると、大きなお金が借りられる? ぐらいしかわからないな(汗)

ぽちざいふ

住宅ローンは大きな金額を借りる、いわば借金しゃっきんのひとつです。

ですが、正しく賢く活用すれば人生の心強い味方になります。

そのためにも、住宅ローンを基礎から学んでいきましょう!

住宅ローンは金融商品のひとつ

住宅ローンは、金融商品のひとつです。

き……金融商品? ってなんだべさ?

ぽちざいふ

金融商品とは、お金の商品です。

商品と聞くと、「モノ」をイメージしますが、金融商品は(一部を除いて)目に見えるモノではありません。

とよくま

普段の買い物だと、お金を払って対価としてモノを手に入れますよね。
100円払って、チョコ買う(対価)とかですね!

ぽちざいふ

住宅ローンを利用する場合は、お金を借りる対価として金利きんりという手数料を支払います。

もし住宅ローンがなかったら

もし、住宅ローンが存在しない世界線パラレルワールドのことを考えてみましょう。

何千万も貯金しなきゃだ…… 何年、いや何十年かかるんだろう!(汗)

ぽちざいふ

家のように大きな買い物をするためには、何十年もかけて貯金しなければなりません。

貯金が終わるころには、子どもも巣立ち定年を迎える頃でしょう。

とよくま

お金が貯まる=住宅ローンを返し終える頃と同じですからね……

たぶんですが多くの方が、

いやもう、その頃に家とか必要ないし!!

ぽちざいふ

ではないでしょうか。

お金を借りる対価として金利を払う

さて、せっかく家を建てるのであれば、早めに建てて家族と充実した生活を送りたいですよね。

そのために金融機関から、自宅専用の大きな金額のお金を借りることができます。

とよくま

つまり、住宅ローンですね!
金融機関とは
街にある銀行や信用金庫などです。

借りたお金は、長い期間をかけてゆっくり返していきます。

とよくま

少しずつ、420回(月)ぐらいにわけて返していきます!
一括では買えなくても、1/420なら毎月払えそうですっ!

ぽちざいふ

金融機関が大活躍

金融機関は、家の大きなお金の支払いの間に立って大活躍してくれます。

一括で支払うことができないぼくたちに変わって、ハウスメーカーや工務店、不動産屋に一括でお金を支払ってくれます。

ここまで聞くと、天使のようなサービスですが……

もちろんタダでは使えません!!

金利とは、お金を借りた手数料

住宅ローンを利用するには、その対価として手数料を支払います。

その手数料が、金利きんりです。

毎月の借りたお金+手数料(金利)を払うのですが、この手数料が金融機関の利益であって目的です。

ただ、金融機関としては現在の超低金利と競争の中では、住宅ローンの金利はそれほど利益になりません。

そのため、

  • 生活費の口座
  • 貯金の口座
  • 給料の振込口座
  • クレジットカードを作って使ってほしい

住宅ローンをきっかけに、色々な金融機関の商品を使ってもらい、総合的な面で利益を上げたいと考えています。

もうちょっとわかりやすく!

ちょっと難しかったなあ……

ぽちざいふ

とよくま

大事なところを確認しておこうか!

家の代金はとっても高額!

だから金融機関から家専用に使えるお金を借りて、35年(420回/月)に分割して返済していいよ。

でも、その代わり手数料(金利=利息りそく)を支払ってね。

ちなみに、借りる金利のタイプによって、利息は参考の表ぐらい変わるよ!

同じ返済金額でも、かなり違う!?

ぽちざいふ

返すお金は、借りたお金(元本・元金)+金利(利息)

元金(借入残高)に対してかかる金利だから、最初ほど利息を多く払っていて、支払いが進むにつれて利息は少なくなるよ!

とよくま

借入残高が少ないほど、かかる金利も少なくなる仕組みです!

自分で住む自宅にだけ使える

住宅ローンはあらゆる借金の中で、一番と言っていいほど金利が低く、特典も大きいです。

とよくま

特典は住宅ローン控除です!

これだけ金利が安く特典もあると、住宅ローンを利用して商売をしたくもなりますが……

住宅ローンは基本的に、自分が住む自宅のみに使えます。

第三者(他人)に貸し、家賃を得る(不動産投資)などには利用できません。

ケースバイケースではありますが、転勤によるやむを得ない理由(転居)であってもルールに接触する場合もありますので、注意が必要です。

今回のまとめと豆知識

元本とは、借入残高です。

とよくま

借りたお金の残りの総額です!

借入残高に対して利息が決まると考えると、今の超低金利時代において繰り上げ返済は、それほど大きな効果があるのか

十分に検討する必要があります。

この仕組みがわかるだけでも、ひとつ賢くなった気がする!

ぽちざいふ

ぼくたちの両親世代が繰り上げ返済にこだわるのは、そもそも借りた金利が高いからです。

昔の正解と現代の正解は、大きく違います。

今現在の正しい知識を、少しずつ身に付けていきましょう!