【無料配布】100年のおさいふ簡易版【ライフプラン&ライフイベントシミュレーション】

100年のおさいふ簡易版は、人生100年時代のライフプラン&ライフイベントシミュレーションです。

かんたんな入力だけで、ざっくりと人生100年のライフプランを分析できます。

ライフイベントシミュレーションでは、人生の大きなイベントと、イベントでかかるお金がわかります。

とよくま

なんと、完全無料でご利用いただけます!

簡易版ですが、住宅購入のための分析であれば十分な性能です。

  • より細かく分析して安心したい
  • 図やグラフなどで、わかりやすく知りたい
  • 住宅ローンの分析をしたい

そんな方は、正式版の100年のおさいふをご活用いただければと思います。

【公式】ライフプラン・シミュレーションソフト【100年のおさいふ】

100年おさいふ簡易版の動作環境

動作には、エクセルが必要です。

とよくま

以下のソフトで動作確認しています!

動作確認環境:Windows

DLは、ピクシブ株式会社が運営するネットショップBOOTHとなります。

100年おさいふ簡易版のダウンロード

BOOTHのID登録が必要になりますが、一度登録すると、いつでも再ダウンロードが可能です。

価格(税込み)
BOOTH無料配布
多くの方に安心して住宅購入をしてもらいたいため、
完全無料で配布いたします!

100年おさいふ簡易版の利用規約

ダウンロードにより、利用規約に同意したものとみなされます。

とよくま

利用規約は、必ずご確認ください!

100年おさいふ簡易版は無料配布ですが、著作権を放棄しておりません。

100年おさいふ簡易版の使い方

100年おさいふ簡易版は3つのシートに分かれています。

それぞれのシートに、かんたんな内容を入力していきます。

ライフイベント表

まずはライフイベント表から入力してください。

人生いつのタイミングで、どんなイベントがあって、いくらかかるか がわかります。

とよくま

ライフイベント表だけでも、色々とわかるのでお役に立てると思います!
まずは、ライフイベント表だけでもOKですよ!

ナツ

ファイルを起動したら、下のタブから一番右の [ライフイベント表] を選んでください。

赤い枠の中の数字(家族の年齢)を入力します。

子どもさんの誕生が数年先の場合は、マイナスを付けて入力してください。

とよくま

2年後の誕生であれば、「-2」と打ち込めばいいんだね!

必要のない部分は、赤枠の数字(年齢)を消せば、すべて自動で消去されます。

ライフイベントは、6文字まで入力ができます。

6文字を超えると、別の表(ライフプラン表)で文字が切れてしまいます。

イベントでかかるお金を入力してください。

車の購入(頭金)は、ライフプラン表で入力項目があるので、ここでは入れなくてOKです。

  • 子どもの進学費用(仕送りなど)
  • 住宅購入の頭金
  • リフォーム代
  • 海外旅行
  • 冠婚葬祭
  • 高齢者施設の入居費用

このあたりが、よくある一時的な支出だと思います。

とよくま

一時的な費用は「その時だけ かかるお金」で、生活費は同じお金が毎月かかるものです!

生活費

生活費は、先ほどの一時的な収入とは違い、毎月固定でかかるお金です。

まずは、下のタブから生活費を選びましょう。

青い枠の中の金額を入力します。

ざっくり金額を入力する時は、やや多めに計算するのが良いかと思います。

青枠の中の金額を入力していただくと、自動で年間の生活費が計算されます。

自動で計算した年間の生活費が、ライフプラン表で反映されます。

ライフプラン表

人生100年(70年間)のライフプランが分析できます。

やや細かい表ですが、入力する部分はそれほど多くありません。

まずは、一番右のライフプラン70年を選びましょう。

すると、このようなライフプラン表が表示されます。

現在を0年と考え、70年間の分析ができます。

赤い枠内に数字を入力しますが、枠から先(未来)に入力する場合もあります。

ひとつずつ、項目をご紹介します。

家族の収入は、お給料(手取り)の金額を入力してください。

とよくま

月の手取りが30万だとしたら、12ヶ月で360万だね!

同じように、

  1. 退職金:◯年後の定年時にもらえる金額を入力(◯年後に入力)
  2. 住宅ローン控除
  3. 一時的な収入(贈与や投資など)
  4. すまい(住宅関係のお金、固定資産税や火災保険なども含める)
  5. ほけん(生命保険や医療保険などの民間保険)
  6. きょういく(子どもの教育費)
  7. くるま(車を新しく買うときの頭金、◯年後に入力)
  8. 一時的な支出(ライフイベント表から反映される)
  9. 現在の貯金額(金融資産も含める)

すべて、年間の金額を万円単位で入力してください。

初年度に入力した数字が、70年後まで自動で反映されます。

分析の精度せいどを上げたい場合は、年によって手入力で数字を変えてみてください。

  • 子どもの教育費がかかる時
  • 生活費が多くなる時
  • リフォーム費用(10年おきに計上するなど)
  • 定年退職後
  • 高齢者施設の入所

とよくま

生活費は年により、大きく変動します!
ポイント
生活費は、数式に%を掛けると便利です、例えば、[=C19]と入力してあるセルに[=C19*120%]と打ち込むと、前年度の120%増しになります。

分析で最も大事なこと

ライフプラン表の結果でもっとも重要なのは、現金が不足しないか です。

はじめに現在の貯金を入力し、その後は「収入―支出」で自動で計算されます。

70年間に一度でも貯蓄残高がマイナスになれば、お金が足りないことになります。

とよくま

絶対にマイナスにならないように注意してください!

さらに細かく知りたい、設定したい場合は

100年のおさいふ正式版をご活用ください!

より細かなシチュエーションでライフプランの分析ができます。

【公式】ライフプラン・シミュレーションソフト【100年のおさいふ】

FPや住宅ローンアドバイザーが監修したチェックポイントや、自動分析機能も搭載とうさいしています。

グラフや図で、一目で結果がわかります。

住宅ローンの分析も可能です。

【公式】ライフプラン・シミュレーションソフト【100年のおさいふ】

住宅購入(注文住宅)でかかるお金を知りたい時は

家づくりのおさいふをご活用ください。

【公式】マイホーム資金計画・管理ソフト【家づくりのおさいふ】

家づくりでかかるお金が、詳細までわかります。

住宅ローンと現金決済で分けて分析ができます。

費用ひとつひとつをわかりやすく解説しています。

さらにくわしく知りたい場合は、Googleボタンを押すだけで、すぐに検索が可能です!

【公式】マイホーム資金計画・管理ソフト【家づくりのおさいふ】

とよくま

少しでも、みなさんの住宅購入のお役に立てれば幸いです!